鼻の黒ずみを取る洗顔方法

鼻の黒ずみを取る洗顔方法7つのポイントを徹底解説!

鼻の黒ずみを取る洗顔方法7つのポイントを徹底解説!

鼻の黒ずみを取る洗顔方法

 

鼻の黒ずみを取るのに重要なのは洗顔です。
洗顔で黒ずみの原因である汚れ・角栓を洗い流す必要があります。
毎日の洗顔が正しい方法で出来ていれば
黒ずみは少しずつ取れていき、
最後には黒ずみのないきれいな肌になれます。

 

 

ただ、洗顔方法が間違っていると
何度洗顔しても肌の表面しか汚れが取れず
毛穴の汚れはそのままで黒ずみは残ったままになります。

 

 

そこで今回は鼻の黒ずみを取る洗顔方法
細かいところまでご紹介します。
必ずマスターして鼻の黒ずみを取ってやりましょう!

 

 

 

鼻の黒ずみを取る洗顔方法7つのポイント

 

事前準備:毛穴の奥まで汚れを洗い流せる洗顔石鹸を準備すること。

毛穴の奥まで汚れを落とすためには
キメ細かい弾力泡が簡単に作れることが重要です。
キメ細かい泡でないと毛穴の奥に届かないからです。

 

⇒鼻の黒ずみが取れる洗顔石鹸の条件&オススメランキング!

 

もしくは泥洗顔・クレイ洗顔でも可能です。
その場合は粒子の細かい泥を使っている洗顔料を選びましょう。

 

 

 

手を洗う【汚れが手から顔に移らないように】

洗顔前には必ず手を洗うようにしましょう。
普通に生活しているだけでも
手には汚れや雑菌が知らない間に付いており、
洗顔してそれが顔に移ってしまうと黒ずみの原因となるからです。

 

 

顔の素洗いをする【35℃くらいのお湯でやるのがポイント】

洗顔料をつける前にお湯で素洗いするのは
顔の毛穴を開いて汚れを洗い流しやすくするためです。
こうすることで洗顔料が毛穴に入りやすくなり、
汚れや角栓を洗い流してくれます。

 

ただし、お湯は熱過ぎないようにすること!
熱いお湯でやると必要な皮脂まですべて流れてしまい、
洗顔後に過剰分泌される皮脂が黒ずみの原因になるからです。

 

 

弾力のあるキメ細かい泡を作る【泡立てネットを使うと簡単】

キメ細かい泡が黒ずみ汚れを落とすのでここはしっかり。
泡立てネットを使うと簡単にできるので買っておきましょう。
100均とかで安く手に入ります。

 

 

顔全体を泡でなでるように洗う【ゴシゴシ擦らないこと。肌が傷つきます】

鼻の黒ずみを取るためにゴシゴシ擦りたくなりますが、絶対ダメ!
泡でなでるようにしてやさ〜しく洗いましょう。
強くこすらなくても汚れは落ちます。

 

むしろ強くこすると肌が傷ついて、
取れた古い角質などが逆に毛穴に詰まって黒ずみの原因に。
気をつけましょう。

 

 

泡が残らないようすすぐ【目安30回】

絶対に泡が残らないようにしましょう。
残った洗顔料は汚れとして肌に残ってしまいます。

 

 

シメに水でサッと洗う【毛穴を引き締めて目立たなくします】

鼻の黒ずみ汚れを落としたら、
今度は毛穴に汚れが入りにくくなるように
最後に水で顔を素洗いして毛穴を引き締めましょう。

 

これをやっておくと、
鼻の黒ずみが取れた時に毛穴も目立たなくなります。

 

 

洗顔後、化粧水やクリームで保湿【皮脂の分泌を抑えます】

肌が潤っていると皮脂の分泌が少なくなるので
角栓ができにくくなり黒ずみ対策になります。
せっかく洗顔で汚れを洗い流しているので
黒ずみができにくくなる対策もしっかりとしておきましょう。

 

 

 

以上が、鼻の黒ずみを取る洗顔方法7つのポイントです。
当然、1回だけこれを実践したとしても黒ずみは取れないでしょう。
ですが1週間・2週間と続けていくうちに
鼻の黒ずみが小さくなっていくのを実感できるはずです。
焦らず毎日基本を積み重ねて鼻の黒ずみを取っていきましょう。

 

 

 

>>>鼻の黒ずみを取る洗顔石鹸TOPへ戻る

毎月の化粧品代を簡単確実に稼ぐテクニック!


毎月の化粧品代って結構かかりますよね。
でも毎月3万円確実に片手間で稼げたらどうでしょう?

女性の毎月の化粧品代の平均は1〜1.5万円なので
余裕でまかなえてしまいますよね。
それどころかワンランク上の化粧品を
選べるようになります。


この度、私がお世話になっている西村さんが
新規メルマガ発行記念で先着100名だけに
「誰でも簡単!月3万円の副収入を楽勝で得る方法」
という無料レポートをプレゼントしてくれます。

実は私もコレで隠れて稼いでいます。
高品質の化粧品で美人へ近道したい方は
チェック必須です↓↓

メルマガ登録ボタン

※メールマガジン「ベストライフ〜自由な選択と最高の感情〜」 に登録されます