ざらざらする鼻の黒ずみ

ざらざらする鼻の黒ずみの原因と対処方法

ざらざらする鼻の黒ずみの原因と対処方法

 

ざらざらする鼻の黒ずみ

鼻の黒ずみは肌のザラザラが伴う場合があります。
その多くは肌のターンオーバーの乱れが原因です。
肌のターンオーバーを遅らせずに整えれば
鼻の黒ずみのざらざらは治すことができます。

 

 

その肌のターンオーバーの乱れには

  • 遅いターンオーバー
  • 早いターンオーバー

の2種類があります。

 

 

 

遅いターンオーバー

 

肌のターンオーバーの乱れというと
一般的には遅くなる方をイメージする方が多いと思います。

 

 

肌のターンオーバーの遅れは
肌表面に古い角質を剥がれずに溜めてしまうことになります。
すると古い角質がゴワついたり、乾燥するので
肌がザラザラする原因になるのです。

 

 

しかも、古い角質は毛穴を硬くするので
皮脂が詰まりやすくなり黒ずみが悪化することにもなります。

 

 

肌のターンオーバーは年齢を重ねると
自然と遅れていきます。

 

年齢別正常な肌のターンオーバー周期

  • 10代:約20日
  • 20代:約28日
  • 30代:約40日
  • 40代:約55日
  • 50代:約75日
  • 60代:約100日

 

 

これは仕方のないことですが、
睡眠や生活習慣・スキンケアをしっかり行うことで
周期が遅れないようにすることはできます。

 

⇒肌のターンオーバーを整える睡眠方法(準備中)

 

⇒健康な肌を保つスキンケア方法(準備中)

 

 

逆に言うと、睡眠や生活習慣が乱れ、
過度なストレスや間違ったスキンケアを行うと
肌のターンオーバーが遅れてしまうことにもなります。
若い10代や20代で鼻の黒ずみにざらざらが伴う場合は
これらが原因となっている可能性が高いでしょう。

 

 

肌のターンオーバーの遅れは
日々の生活を気をつけることにより回避できるので
健康的な生活を意識するようにしましょう。

 

 

 

早いターンオーバー

 

肌のターンオーバーは早くなることもあります。
そうなると肌が乾燥しやすくなり、
肌のざらざらの原因になるのです。

 

 

肌のターンオーバーが早くなるのは
肌が傷ついた時です。

 

 

例えば、擦り傷などができた場合、
体は皮膚を治すために
ターンオーバーの周期を早めて未熟な細胞を作り、
一度かさぶたを作ります。
このかさぶたがざらざらの原因なのです。

 

 

これに似た現象が
毛穴パックやピーリングをした時に起こります。

 

 

毛穴パックやピーリングは
皮膚表面の角層を強制的に剥がしてしまいます。
それにより体は皮膚が傷ついたと判断して
肌のターンオーバー周期を早めて
未熟な細胞でかさぶたのような肌を作ってしまうのです。

 

 

そのため、早いターンオーバーを防ぐには
毛穴パックやピーリングを止めるようにしましょう。

 

 

 

 

以上がざらざらする鼻の黒ずみの原因と対処方法です。
だいたい20日〜28日の周期で肌のターンオーバーができるよう
生活習慣やスキンケア方法を見直すようにしましょう。

 

 

 

 

>>>鼻の黒ずみを取る洗顔石鹸TOPへ戻る

毎月の化粧品代を簡単確実に稼ぐテクニック!


毎月の化粧品代って結構かかりますよね。
でも毎月3万円確実に片手間で稼げたらどうでしょう?

女性の毎月の化粧品代の平均は1〜1.5万円なので
余裕でまかなえてしまいますよね。
それどころかワンランク上の化粧品を
選べるようになります。


この度、私がお世話になっている西村さんが
新規メルマガ発行記念で先着100名だけに
「誰でも簡単!月3万円の副収入を楽勝で得る方法」
という無料レポートをプレゼントしてくれます。

実は私もコレで隠れて稼いでいます。
高品質の化粧品で美人へ近道したい方は
チェック必須です↓↓

メルマガ登録ボタン

※メールマガジン「ベストライフ〜自由な選択と最高の感情〜」 に登録されます